20180310

こんばんわレオです
昨日井上家で難事件が起きました
長くなりますが概要は以下の通りです

普段井上家では僕と兄がチャリに乗っており、家の外のチャリ置き場に停めると鍵をかけて、家に入ったとこの台に置き、家の中のチャリ置き場に停めると鍵は付けっ放しです 基本的に一台は外、一台は中であることが多く、どちらのチャリが外か中かはランダムです

8日の段階では兄のチャリが下、僕のチャリが中にあり、その日兄はチャリを1日使わず、僕はジムに行くのにチャリを使ったものの、再び中に停めました すなわち、家の台には一日中兄のチャリの鍵がある状態でした

事件は9日午前8時頃、兄が大学に行こうとするも、チャリの鍵がいつもの台にないことから始まりました

そして8時20分に僕が起床し、支度をし、台にある鍵を取って下に下りましたが、当然レオチャリ中に停めてあるので鍵がついたままです
間違って兄チャリの鍵を持って来たと1階で気付きましたが、3階の部屋まで鍵を戻す時間がなく、1階のメールボックスに入れて後で兄にラインすれば良いと思い、そのまま出掛けました

すると新歓終わりの4時ごろ、ママンからお怒りラインが来ました
「あんたが兄チャリの鍵をメールボックスに入れたん?怒怒怒怒」
僕はそのことを兄にラインし忘れた事を怒られてると思いましたが、どうやら勝手に兄チャリを使って鍵を戻し忘れた罪に問われてる様です

もちろん兄チャリは使っておらず、鍵も触ってないのですが、なぜこの様な冤罪が起こったかというと、8時頃に兄とママンが見た時は台になかった鍵を9時前に出る僕が持っていたからです すなわち何者かが8時過ぎから9時前に鍵を台に戻した、ということになり僕は疑われたのです

もちろんそんなことはしないし、する必要もないので、兄とは気持ち悪い事が起こったという事で話はついたのですが、MotherVolcanoは噴火し続けてます もしこの謎が解けた名探偵がいれば是非真相を教えてください
ただし解いて欲しい謎は無くなって再び現れた兄チャリの鍵ではなく、噴火したMotherVolcanoの方です

では長くなりましたがこの辺で
Next turn is Rinzooo!
Write a diary in English.
Show us your improved English skill!